2014年01月17日

めずらしくちゃんとした話

昨晩、地元のスナックで飲んでいたら、ママから「税理士変えたら経営は良くなるの?」と聞かれました。
「もちろん」と自信満々に言いたいところでしたが、そんな根拠のないことは言えないので、「直接的には関係ないんじゃないかな?」と答えました。

我々はあくまでも、税務申告のための決算書を作成し、正確な税務申告を期限内にすることが職務であり、経営者ではありません。経営の主体はもちろん経営者であって、経営者が経営の実態を知ろう・変えようと思わない限り、我々がどんな助言をしたとしても、その経営は変わりません。
ただ決算書を作る過程において、その決算数値がどのように出来上がっていくのか、過程を「見える化」する税理士とただ税務資料を作成するだけの税理士がいるのも確かでしょう。数字の中身を「見える化」していく中で、経営者が自社の課題に気付き、改善することができれば、それは税理士を代えた価値があったのではないかなぁと、そんな真面目なことを喋ってしまった、昨晩でありました。
posted by 税理士 金子卓也 at 10:37| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
金子さんがブロガーに^ - ^
更新楽しみにしてます♬
Posted by 吉村 藍 at 2014年01月17日 13:21
初コメありがとうございます。頑張って更新します。
Posted by 金子卓也 at 2014年01月21日 09:24
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。